読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おもむくままに記録した

乳癌と告げられた42歳のまゆじろう。家族(パパと娘と息子)とともに闘うぞ❗

食洗機のデカさは愛情のデカさだ❗

先日の話。

一日の仕事を終え、疲れて帰宅したパパが言った。

『やっぱ食洗機必要だよね』

 

そう。食洗機。

自動で食器を洗ってくれる夢の家電💖

水道代もガス代も手洗いより削減できちゃうエコな家電💖

 

以前我が家でも使っていたことがある。

実家で使わなくなった中古を譲り受け使っていた。

確かに便利だった。

音はうるさいけど、食器さえセットしたらあとはお任せだから楽だった。

でも、すごく場所を取っていた。

食事の用意とかのときはかなり邪魔な存在。

普通のマンション暮らしですから、キッチンの広さなんてたかが知れてるってもんよ。

だから壊れたらそれでおしまい👋

それからは手洗い一本とし、場所の確保を優先させていた。

 

それなのに、ここにきての食洗機😱

 

確かに、今の私には食器洗いも重労働の日がある。

代わりにやるのは仕事から疲れて戻ったパパだ。

パパだけど…毎日じゃないじゃん❗

副作用でツラいときだけだし、3ヵ月の治療期間が終わればまた普通通りの生活になる。

そしたらやっぱり邪魔にならないだろうか⁉⁉⁉

 

しかし、パパの決意は固い。

しかも、私の思考能力は薬の副作用でウダウダ。反論するのも面倒くさく、口から出た言葉は『パパのお好きなように』だった。

 

そこからは話はトントン拍子に進み、食洗機は納品された。

納品業者のおじさんも『本当にここでいいんですか?』と確認しちゃうほど無理な場所に置いた。

蛇口に食洗機のふたが当たってしまいふたが全開にならない。

全開にならないとちゃんと食器が入れられないのだ。

 

不釣り合いな物を置いているような気もするが、私のためを思ってパパがしてくれたことだから、言いたいこともあるが受け入れよう、と思う😔